個人信用情報機関ではバンクイックでも可決否決の判断材料を提供する

個人信用情報機関、聞いたことがあるでしょう。
債務をするためには信用情報が何よりも大切です。
本人の年収がいかに高くあったとしても、勤続年数が長い職場にいたとしても信用情報がよくなければ貸し付けはしぶられるものです。

 

個人信用情報機関、聞いたことがあってもそれがどのようなものなのかなかなか知られているものではありません。
日本には現在3つの個人信用情報機関があります。
いずれも民間で運営しているものであり銀行、信販会社、消費者金融が加盟して会員となっています。
会員となることで本人以外でもこの債務を照会することができるわけです。
それがキャッシングをするときの可決否決の審査で重要な役割を持っています。

 

債務情報を管理する日本の個人信用情報機関は下記になります。
・株式会社 日本信用情報機構
・株式会社 シー・アイ・シー
・全国銀行個人信用情報センター
銀行を中心としているところ、信販会社を中心としているところ、そして銀行、信販、消費者金融の大半をあつかっているところと分かれていますが、例えばバンクイックなら銀行系の全国銀行個人信用情報センター、と決まっているわけではありません。
多くの場合、複数の個人信用情報機関に加盟していますので、銀行であっても信販の情報を得ることができますし、消費者金融であっても銀行での情報を得ることができています。
情報が共有されているというのはこのように加盟を複数にすることで網羅していることを指しています。
参考サイト:銀行でお金を借りる心得

バンクイックの審査・連絡先を照会する

個人信用情報機関で登録されている利用者の個人情報にはどのようなものがあるのかを知っておきましょう。
もちろんバンクイックの審査でも照会される内容になります。

 

・氏名
・生年月日
・自宅住所
・自宅固定電話番号
・携帯電話番号
・勤務先名
・勤務先住所
・勤務先電話番号

 

個人情報の中でも基礎的なものではありますが、これが重要なものとなります。
個人の所在を確認するためには必須となる事項であることは明白。
この中でも氏名と生年月日は重要なものとなり、照会をするときにも氏名と生年月日で照会をすることとなります。
自宅の住所や電話番号、勤務先などには変更があっても不自然ではありませんが氏名と生年月日に変更があることなどそうそうあるものではありません。
氏名に変更があるとすれば女性の結婚や離婚によるものとなるでしょう。
そのため、旧姓を記入する項目も申込書にはありますので生年月日と急性も用いて確認することとなります。
一昔前であれば結婚や離婚によって名字が変わった場合、審査で紹介される内容にはキャッシング履歴なしとなり新たな借り入れが可能となる、というのはよくあることでした。
しかし今はそれほど精度の低いものではありませんので名字の変更があったとしても過去の情報は引き続いて照会することができています。

 

勤務先もどの金融機関であっても最終申告をしたものが記載されており常に最新のものに更新されています。
連絡先と所在を明確にする、それが個人信用情報機関の中でも個人情報の重要な役割になります。

バンクイックの審査・借り入れ履歴を照会する

債務の借り入れ情報、つまり借り入れの履歴としても個人信用情報機関では管理されています。
バンクイックの審査でも債務の履歴は確認される情報となります。
どのような情報が集約されているのかを見てみましょう。

 

・契約先名称
・利用限度額
・借入金額
・支払い形態
・返済回数
・支払い残高
・次回返済日

 

これほどに細かなことが管理されているとは知らなかったのではないでしょうか。
バンクイックの明細書よりも格段に細かな情報になります。
どこでどのくらいを借り入れをしているのか、そして返済回数は何回で支払い残高はいくらなのか。
その債務のすべてともいえる情報がそこにあります。

 

もちろんこれがナシなのであればそれに越したことはないでしょう。
それはすなわち他社からの借り入れがないことを指しています。
現在他社からの借り入れがある場合にはそれを確認することができるのがこの利用者の借り入れ情報であり、これによって消費者金融では総量規制の範囲内での貸付が可能かどうかを判断することになりますし、バンクイックなどの銀行でも他社からの借り入れ金額は支払い残高に応じてどのくらいの限度額を出すことができるかを判断する材料ともなります。

 

他社からの借り入れ金額や状況を把握することは審査において重要なこととなります。
返済できる金額を貸付金額としなくてはなりませんし、そもそも他社からの借り入れがある状態では貸付金額は大きくはできないのは当然のことです。